楽して痩せるためには「やせるツボ」を押すのがいいらしい

楽して痩せるためには「やせるツボ」を押すのがいいらしい

「ツボ」を押すだけでやせるなんてことはない!!

と思いますよね。

でも、実際ほぼ運動なしのツボ押しだけで痩せてる方はいるのです。

産後1か月で10kgも!!

1・2kgならわかるけど、10kgは驚きですね。

これぞまさに「楽して痩せる」を実践したお方。

やはりツボ効果なのでしょうか??

どこのツボを押すのが効果があるのか調べました。

興味がある方はダイエットに取り入れてみてくださいね。

 

Advertisement

ツボ押しのいろは

 

ツボの押し方

 

皮膚に対して垂直に押す

痛いけれど気持ちがいい程度の強さで押してくださいね。

1日1回10秒ほど押すだけで効果がでるようです。

揉み返しが起きるのを避けるため、1日に多くても3回程度までにして下さい。

 

 

ツボを押す時間帯

 

食事後1時間はだめで、その他はいつでもOK!!

ツボ押しをした後は血流が良くなるため、ツボ押し後の飲酒や入浴は気分が悪くなることがあるということです。

控えた方がいいですね。

逆に、入浴後に行うツボ押しはおすすめだそうです。

ん??

なぜ入浴後はいいのか分からない・・・

 

寝る1時間以上前のツボ押しもおすすめだそうです。

老廃物が流れることで、翌朝の目覚めが良くなるそうです。

 

ツボ押しの効果

 

 3週間ほど経ってから効果を感じ始める人が多いそうですよ。

ツボ押しとその効果のタイムラグが大きいので、早い効果を期待すると期待外れになり、モチベーションを維持できなくなるのではないかと思います。

ツボ押しの効果に意識を向けるのではなく、日頃行っているダイエットの習慣に意識を向けて、効果はそのうちでてくるぐらいの気持ちでいることが大切だと思います。

 

Advertisement

やせる「ツボ」の場所ってどこ?

 

『たった10秒でやせるツボ』(SBクリエイティブ)の著者、吉田佳代さんこそ、産後1か月で10kgも痩せたお方なのです。

ダイエットに効果的な5つのツボがポストセブンに紹介してありました。

 

 

 

合谷(ごうこく)

(画像出典:ポストセブン https://diet.news-postseven.com/46412)

 

手の甲側の、人差し指と親指の骨が交差するくぼんでいるところにあるツボが「ごうこく」だそうです。

人差し指と親指の間の、人差し指側の骨の内側あたり。

私はここを押すとかなり痛い~

 

このツボは、ストレスで乱れた自律神経の動きを正常に戻し、気持ちを落ち着かせてくれるそうです。

押すと痛いけど、ここを押すことにより、頭痛や歯痛などの肉体的な痛みにも効くそうです。

そして胃腸の働きを整えてくれるようです。

いろいろ効きますね~。

ダイエットに効く理由は、胃腸の働きを整えてくれるというところでしょうね。

 

中脘(ちゅうかん)

 

画像出典:ポストセブン https://diet.news-postseven.com/46412)

 

みぞおちとへそを結んだ、ちょうど指4本分上にあるのが「ちゅうかん」。

胸骨の下端とへそを結んだほぼ中心の場所だそうですよ。

ここも押すと痛ーい!

痛すぎて少ししか押せない・・・どこか悪い??

胃の不調があるからかも!?

 

胃腸の働きを活性化させ、むくみに働きかけて体内のめぐりがスムーズになるツボで、内臓周辺の脂肪が落ちやすくなるそうですよ~!

お腹周りの引き締め効果もあって、起床時に押せば、脳を活性化させて代謝を上げるため、痩せやすい体を作ることができるということですよ。

 

Advertisement

関元(かんげん)

 

画像出典:ポストセブン https://diet.news-postseven.com/46412)

 

今度はへそから指4本分下にある「かんげん」。

ここは、ヨガ・呼吸法で重要な丹田(たんでん)と同じ位置。

押すことで体温を高めて代謝を促進するので、ダイエット効果が高いそうです。

 

ここを押しても全く痛くない・・なんで??

あ~!お腹の脂肪が厚いから押してもツボを刺激できていないからだ~!!

 

生理痛を緩和するほか、腰痛や疲労回復、免疫力アップにも効果があるということですよ。

腰痛持ちの方は多いと思うので、このツボ重要ですね。

 

飢点(きてん)

 

(画像出典:ポストセブン https://diet.news-postseven.com/46412)

 

耳の穴の前のあたりに指を当てると、少し出っ張っている固い骨があり、そのキワにあるくぼみに指を押し当てて、ほんの少しだけ下にずらしたあたりが「きてん」なのだそうです。

場所わかりますか?

押すと痛いところがツボの場所なので、痛い!と思った場所が「きてん」。

 

ここは超重要ですよ~。

神経を通じて満腹中枢へ刺激が伝わり、食欲の抑制になるからです!!

食事の10~15分前に押すとよいのだとか。

友人とおしゃべりしながらでも押してくださいね!

 

Advertisement

湧泉(ゆうせん)

 

(画像出典:ポストセブン https://diet.news-postseven.com/46412)

土踏まずのやや上の中央にある、足指を曲げるとへこむところが「ゆうせん」。

足裏をタテに3等分したときに、指側から1/3あたりにあるツボ。

このツボは結構知られていますよね。

足裏のこのツボを押しても私はそんなに痛くない。

 

腎臓の働きを活性化して、余分な水分や老廃物を排出してくれるため、代謝がよくなる、むくみや便通を改善してくれるなどの効果があるそうですよ。

 

 

まとめ▼

5つのやせるツボ

  • 合谷(ごうこく)
  • 中脘(ちゅうかん)
  • 関元(かんげん)
  • 飢点(きてん)
  • 湧泉(ゆうせん)

1日10秒押しでOK。
もっと押したいという方は1日に3回程度までならOK。
揉み返しが起きることがあるという理由からです。

 

(参考:ポストセブン “やせるツボ”で3週間でウエスト-8cmの人も!ダイエットに効果的な万能ツボ5つを紹介 2019.12.07 https://diet.news-postseven.com/46412)

(参考:EPARK 不調に効果あり!押さえておきたい部位別ツボ位置とマッサージ方法 2019.04.17 https://mitsuraku.jp/kiji/massage-pressure-point#3)

本・教材で痩せるカテゴリの最新記事